ミシガン大学公共政策大学院留学記: 第二の故郷(札幌旅行1日目、5月28日)

2009年5月30日土曜日

第二の故郷(札幌旅行1日目、5月28日)

  
  

少し天気には恵まれなかったものの、お昼過ぎに新千歳空港到着。久々に飛行機に乗ったのだが、気流の関係で結構揺れて、あまり落ち着いたフライトではなかった。

とりあえず空港から快速エアポートに乗り、札幌駅へ。昨日まで札幌に行くといっていても、あまり実感が湧かなかったのだが、昔と変わらぬその街並みに懐かしさがこみあげてくる。ああ、札幌に戻ってきたんだな、と。

お昼ご飯を食べていなかったこともあり、早速、札幌に住んでいた時に一番通い詰めたラーメン屋に直行。札幌駅の地下街にある、味噌ラーメンのよし乃。旭川に本店があるお店なのだが、魚介系の醤油ではなく、味噌ラーメンが売りという一風変わったお店。濃厚かつクリーミーで、唐辛子のアクセントのきいたスープが何とも言えず美味い。旭川の麺は加水率が低いため、麺にスープがよく絡んでくる感じがたまらない。やっぱり味噌ラーメンは北海道で食べるに限る。

ホテルにチェックインしてしばらく落ち着いた後、道庁付近をぶらぶらし、札幌支店当時の上司たちと飲み会。もう会社を退職していた人も含め、2年ぶりに僕のいた部署の人が勢揃い。いやはや、本当に楽しかった。写真立て、扇子、調理器具を餞別にいただいた。大事に使わせてもらいます。アメリカで日本文化を披露しないといけないしね。帰国後、札幌に帰ってくることも約束。

その後、若い人たちだけで、夜中の2時まで、カラオケを歌ったり、飲みながら、夜は更けていった。「若い」といっても、40歳未満限定という意味で。あんなに飲んだのに、不思議なことに二日酔いはしていないんだな、これが。

0 件のコメント:

コメントを投稿