ミシガン大学公共政策大学院留学記: 仕事に追われ、友達を追い

2009年6月27日土曜日

仕事に追われ、友達を追い

随分と更新の間が空いてしまった。今日開催した国際会議の準備と毎日の送別会に追われ、毎日が充実しつつも厳しい日々でありました。

水曜日は長年のお付き合いになる女友達と、渡米前最後と言うことで一緒に飲みに行った。この女友達はずっといい関係で男女間の友達関係を続けていてくれる女の子で、貴重な存在。その日も当然飲み過ぎてしまったけど、まあいつものことだから気にしない、気にしない!

木曜日・金曜日は、本日の国際会議に向けて、担当のお隣の係長のサポートに徹しておりました。女性であるにもかかわらず、この国際会議が今年度の最大の仕事との位置づけからか、先週からほぼ毎日会社に泊まり込みをしているよう。肝心の今日の国際会議は、事前に想定していたよりもハプニング的要素が多い会議であったのは事実であるが、なんとかうまくいったのではないかと思う。その女性係長には、本当におつかれさまでしたと心から申し上げたいところ。

僕は昨日早めに切り上げたのだが、さすがに今日は朝も早く寝不足気味で結構きつかった。会議終了後メモを急いで作成して、新幹線に乗り込み実家に帰省。アメリカに持って行きづらいものを実家に預けるというミッションに加え、渡米前最後に親の顔を拝んでおこうという趣旨。強行軍で結構疲れたが、有意義であった。

明日は昼前にもまた新幹線に乗り込み、東京に戻って引っ越し準備をせねば。夜は大学時代のクラスの友達がセッティングしてくれた送別会に参加予定。明日も楽しみ。渡米まであと一週間を切った。一日一日を大切にしていこう。

0 件のコメント:

コメントを投稿