ミシガン大学公共政策大学院留学記: 久しぶりの日本食に驚く

2009年8月1日土曜日

久しぶりの日本食に驚く

 
 

そろそろアメリカに来て1か月ということで日本食が恋しくなった…というわけでもないのだが、今晩はKerrytownにあるYamatoという日本料理屋に行ってきた。

内装からしていかにも日本という感じのお店で、まず何より女将さんが普通に日本語をしゃべっている!!他にも日本料理屋はあるけど、だいたい韓国人や中国人がやっている場合が多いので、まずこのことにびっくり。カツ丼とカツオの刺身を注文したのだけど、ちゃんとダシの効いたカツ丼で、日本で食べるものと比較しても遜色ないし、海から遠いこの地でこんな新鮮なカツオの刺身が食べることができるとはびっくり。他のお店と比較してやや値が張るのが悩みどころだが、半年とか1年ぐらい経って本当に日本食が恋しくなったら、絶対にこの店だなと確信。

この前、クラスメートが日本食を食べてみたいというので、大学の近くにあるSushi.comというお店に行ったのだが、なかなかの好評を博していた。しかし、日本人からすると結構微妙な味付けで残念だったので、今度機会があればこっちのお店で本当の日本の味というのを味わってもらいたいなと。

0 件のコメント:

コメントを投稿