ミシガン大学公共政策大学院留学記: 短い夏休みのはじまり

2009年8月16日日曜日

短い夏休みのはじまり

先週金曜日でサマースクールも終わり、今日ルームメイトが旅行に出かけたので、久しぶりに何の気兼ねもなく、のんびり過ごしている。

昨日は歩いて1時間弱のところにあるArborland Mallに行ってきた。帰りはバスに乗って5分強で着いたが…。Hiller’sというスーパーマーケットは日本食材が充実しているという話を聞いていたのだが、何から何まで揃っていて、びっくり!!味噌、料理酒、ダシの素といったなかなか手に入らなかった調味料を買い揃えた。これで料理作るにしても幅が広がるな。今日は手抜きながらも冷やしうどんを作って、日本から持ってきた風鈴が鳴る中、食べたのだが、なかなか乙。何と言ってもヘルシーだし。

あまり遊んでばかりではまずいので、秋学期の経済の授業で使うテキストを勉強しつつ、英語の勉強も。鬼教師からサマースクール終了後も毎日2時間以上は必ずリスニングするようにという宿題をもらっているし。彼女の言では、ある研究によればネイティヴ環境で200時間以上英語を聞き続けるとリスニング能力が飛躍的に向上するので、秋学期が始まるまでにサマースクールでカバーできなかった60時間を埋めなさいとの趣旨。

そういうわけで、Scientific Americanの動画で毎日2時間程度勉強した上で、図書館で借りてきた映画を毎日見ている。いきなり新しい映画もどうかと思ったので、”American Beauty”と”love actually”を鑑賞。映画で英語を勉強する時は、「女の子」の映画を見るようにと言われていて、それは会話の量が圧倒的に多いから。確かに「男の子」の映画はアクションシーンばかりだしな…。まあ明日からも色々と挑戦してみようと。

社会人になってから2週間近い休みをもらうのは初めてなので、あんまりダラダラとせず、有意義に使っていこう。

4 件のコメント:

  1. 初めまして。
    なかなか興味あるブログで楽しく拝見させて貰っています。
    これからの2年間で貴方の才能や見識が更にどのように開花していくのか楽しみです。(勿論このブログも・・・)
    Ann Arborは都会ではありませんが、治安も良いし、リスや鹿が庭に現れたり自然環境も素晴らしいところで、勉強するには良い環境のようです。
    有意義な2年間をお過ごし下さい。

    返信削除
  2. はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

    おっしゃるとおり、アナーバーは治安も良い上に、自然環境に本当に恵まれていて、とても住み良い環境だと思います。本音を言えばもう少し刺激が欲しいところではありますが…。

    引き続き頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!!

    返信削除
  3. はは、American Beautyって「女の子の映画」か?と思ってしまったけれど。Midlife Crisisな映画ですよね。
    確かに良く英語力をつけるためには、テレビで地元の番組やドラマを見続けるのが良い、と英語が得意な人が言ってました。

    先日、ミシガンMBAからシリコンバレーにインターンに来ている方と一緒にご飯を食べたとき、アナーバーの話が出ました。
    冬は寒いけど、落ち着いた住み良い町だそうですね。
    政治的にRepublicanが多くて、MBAの授業でも平気でその方向に偏ったプレゼンをする人が多いこと、白人としか話したことが無いようなDullな白人が多いことのは、居づらいとは言ってましたが。
    でも裏を返せば、治安が良く住みやすく、アメリカの文化を学ぶには良い場所といえるのかもしれません。

    返信削除
  4. 確かに「女の子」の映画とまで言い切ってしまうのは言い過ぎかもしれませんが、そこは御勘弁ください(笑)
    残念ながら今のところテレビを買っていないので、DVDで映画とテレビドラマシリーズを見るのが精一杯という感じで、あとはネットでニュース番組ぐらいですかね。Lilacさんはどのように英語力を養われているんですか??

    まだ授業が始まっていないのでアメリカ人とそこまで接触したことがないのですが、サマースクールの教授陣を見ると、どちらかというと共和党よりなのかなとも思います。広大な自然に囲まれているため、自分の身は自分で守るという保守の精神が強いのでしょう。
    沿岸部と違って、どちらかと言えば進歩的ではないアメリカ人に接するというのは結構楽しみです。将来的に東海岸で勤務する機会もあると思うので、この2年間は中西部の田舎気質のアメリカをどっぷり浸かって満喫しようと思います。

    返信削除