ミシガン大学公共政策大学院留学記: ベルリンフィル来演!!

2009年11月18日水曜日

ベルリンフィル来演!!

今夜は前々から楽しみにしていたBerliner Philharmonikerのコンサートに行ってきた。

さすがに汚い恰好をしていくわけにもいかず、渡米後初めてワイシャツにネクタイを締めていった。久しぶりに着ると案外窮屈に感じるものだが、気が引き締まるのも事実。日本にいた時はただの普段着だったので、そんな気も引き締まっていなかったような気がするけど。

肝心の演奏だけど、素晴らしかったに尽きる。演題は
- Symphony No.3 in F Major, Op.90 (Johannes Brahms)
- Music to Accompany a Film Scene, Op.34 (Arnold Schoenberg)
- Symphony No.4 in e minor, Op.98 (Johannes Brahms)
というラインナップだったのだが、特にブラームス交響曲第4番の出来が素晴らしかった。あまりの迫力と凄さに言葉を失うほど。当然、演奏終了後はスタンディング・オベーションとなったが、あまりに力いっぱい拍手しすぎたせいか、少し肩が痛い…。それでも、久方ぶりにクラッシックのコンサートに行ったこともあり、なかなかに貴重な一夜であった。

このまま楽しい気分にひたりながら軽く一杯飲んで寝たいところなのだけど、サンクスギビング前に提出期限が来る課題に追われているので、少し夜を徹してペーパーを書かなければという感じ。まあ、これが学生の本分なので仕方ないですね。

2 件のコメント:

  1. いろいろEnjoyしてらっしゃるようですね!
    1年目の11月のこの時期は、友達づきあいが色々忙しくなってきて、さらにテストやレポートも詰まっている、という感じで、充実してたけどすごく忙しかったのを覚えてます。

    返信削除
  2. >Lilacさん
    秋学期が始まった当初は慣れないせいか緊張などもあり、なかなか課外活動を楽しめていませんでしたが、最近はなかなか楽しい生活を送れています。

    ただ、休暇前になると課題が異常に出されるので、なかなか気が休まりませんね。運悪くサンクスギビング直後にクラスで発表することになってしまい、休暇中も旅行などに行けそうもなく、ちょっと残念な感じではあります。

    返信削除