ミシガン大学公共政策大学院留学記: やすみぼけ

2009年11月30日月曜日

やすみぼけ

先週木曜日からサンクスギビングのおかげで4連休だったのだけど、有意義に過ごしたというよりは、結局普段の疲れを癒しただけのような気がする。あと半月頑張り抜くための中休みとか考えればいいのかな。

さて、肝心のサンクスギビング当日は昼過ぎまで寝ていて、夕ご飯を食べに行こうと外出して見ると人っ子一人として歩いておらず、車の行き来もない。お店に明かりがついていても閉店している…。サンクスギビングは日本の正月みたいなものだとは聞いていたけど、ゴーストタウンのようになるとは知らなかった。みんな実家で家族と一緒にターキーでも食べているんだろうな。まあ、学生街であるアナーバーだけの話かもしれないけど。仕方がないので、僅かな望みを託してダウンタウンに行ってみると、スタバが閉店直前ながら開いていたので、簡単な軽食を買って、飢えをしのぐ。家に帰っても冷蔵庫が空っぽなので、具がほとんどないパスタを作る羽目に。アメリカでの一番つらい思い出の一つになってしまった。

金曜日はクリスマス商戦が始まるBlack Friday。この日まで冬物を買うのを待っていたので、買い物に。お店は昨日と打って変わって人混みができている。そりゃどこに行っても20%OFFとかだもんな。分厚めの防寒具を買って、この冬を乗り越えられるように準備。この日もまったく勉強に手をつけず。せっかくの休暇なんだしと思っていたら、案の定、土曜・日曜も休暇前半の流れを受けて勉強する気にあまり慣れず。結局、書類整理と宿題と予習が遅れていたリーディングアサインメントをある程度こなして終わってしまった。

今週木曜日はForeign Policyのグループワークでプレゼンをしないといけないし、また毎週のようにテストがあるのに本当に乗り切れるのかなあ。まあこの休暇でしっかり体調は回復したので、また体を壊さない程度に根を詰めて頑張るしかないというところかな。

2 件のコメント:

  1. 私は、black Fridayを撮影しに来ていたテレビ番組を撮影して何も買わずに帰りました。"onlineで買え"というルームメイトの意見に納得したわけではないのですが、mallなんか行っちゃうと、逆にどこで買っていいのかわからなくなってしまって。日本にいたときも、街ではなくて店に行ってさっさと帰っていた方なので。

    返信削除
  2. >最初の匿名さん
    最近はネットで買う方が便利だし、商品の比較も簡単なので、どうしてもそうなってしまいがちですよね。ただ、やはり服だけはサイズを確認しなければいけないので、僕は渋々モールに行ってきました…。

    返信削除