ミシガン大学公共政策大学院留学記: 風邪ひき

2010年1月15日金曜日

風邪ひき

昨日は風邪で一日中寝込んでいた。年末から軽く咳が出たりしていたのだけど、日常生活を送る分には差し支えなく、何となく放っておいたら、昨日になって咳が止まらず、頭痛までする始末。一昨日、喉が急にひりひりし出したので、少しやばいかなと思ってはいたのだけど。寒空の中、出願関係で色々と歩き回らさせられたせいか。だいたい風邪をひく時は、こういう長期休暇前の暇な時を狙ったかのようなことが多いが、それは忙しい時は症状を無理やり押さえこんでいるからなのかねえ。

さすがに長期間異国の地で風邪をひいているのはまずいと思ったが、日本から特に薬を持ってきていないので、近所にあるグローサリーで適当に薬を見繕って飲む。SUDAFED PE SEVERE COLDとかいう薬。まあ日本でもよくある総合感冒薬みたいで、咳・鼻水・熱・痛みを止めてくれるというもの。まあ対症療法的な薬なわけだけど、ただ寝ているにしても咳とかが出ない方が楽なわけで、薬を飲みつつ本当に丸一日寝ていた。寝過ぎでむしろ体が痛いくらい。

そんな状況なのにもかかわらず、いきなりドアをどんどんと叩く音。どうせまた碌な事じゃないんだろうなと思いながらも出てみると、市の住居検査があるから部屋に入れろとのこと。こっちは風邪ひいていてつらいんですがね。アパートの職員のおやじが僕のモルトやハードリカーのコレクションを目ざとく見つけやがって、「おれも大好きなんだ。お前いい趣味しているな」と色々と話しかけられて、やや鬱。まあ10分程度で終了したので、さっさと帰ってもらったが。

一日中寝ていたおかげで今日は大分体調も良くなった。風邪をぶり返さない程度に後れを取り戻さないといけないな。

2 件のコメント:

  1. 鼻声だったのはそのせいか。あまりムリせず、お大事に。

    返信削除
  2. >cam_charles
    新型インフルではないので、別に気にする必要もないけどねー。君も風邪にはくれぐれも気をつけて!

    返信削除