ミシガン大学公共政策大学院留学記: 腰痛と反省

2010年2月3日水曜日

腰痛と反省

最近、腰を痛めたことで得したこと。

その一。腰に負担をかけないようにするために、椅子に座っている時の姿勢が少し良くなった。昔から姿勢が悪いので、これはお得。ただ、ベットに寝転がりながら本を読んでいるので、違う意味では姿勢が悪いというか、お行儀が悪いというか。

その二。腰が痛いのに頑張って授業に出ているんだから、しっかり吸収して帰らねばという目的意識が生まれ、以前より授業に集中できるようになった。もとから真面目に授業を受けろという感じだが。

その三。自宅には無線LANがなく、ネットをするには椅子に座る必要があるため、椅子に長く座りたくがないばかりに、無駄なネットサーフィンの時間が激減し、生産性が結構上がる。課題がいつもより余裕で終わっていく…。

調子が悪い時の方が、目的達成に一途になり、無駄なことはできる限り省こうとするので、逆説的に成果は上がりやすいものだが、ここに挙がっていることは普段から心がけて直さなければならないものばかり。反省。

0 件のコメント:

コメントを投稿