ミシガン大学公共政策大学院留学記: つながる御縁と夏休みの計画

2010年4月15日木曜日

つながる御縁と夏休みの計画

会社の後輩から連絡があり、今年の夏からうちの大学院に留学するとの由。しかも、一人ではなく二人も!うちの会社からミシガン大学に留学するのはわりとマイノリティに属するので、結構これは嬉しいかも。ただ、裏返しとして見れば、もっと有名な大学院になかなか合格しなくなっていることの証左でもあるので、手放しに喜べない気もするが。他にもハーバード・ロースクールに留学する後輩もサマースクールはミシガンにしようかなと言っているので、夏休みは意外と知り合いがアナーバーにいっぱいいるという感じになっているかも。

昨日国際金融政策のテストが終わり、とりあえず目の前に差し迫った課題の量は相当少なくなったので、夏休みの予定も少しずつ立てていかなければ。とりあえずまだテストが終了していないが、来週末は日本から友達がやってくることもあり、再度NYCに遊びに行くことに。来月は西海岸に行って、カリフォルニア共和国(笑)を見学するとともに、Napa Valleyでワインをガブ飲みしてこようかと。

ただ、当然夏休みだからといって遊び倒すつもりなんて毛頭もなく、ミシガン大学に本部があるICPSR (Inter-University Consortium for Political and Social Research)の夏季セミナーに参加しようかと。来学期計量経済学関係でちょうどいいレベルのクラスを取れないこともあり、Time Series AnalysisとSimultaneous Equation Modelsの2つを受講計画中(あと、Rというフリーウェアの統計ソフトの使い方の授業も)。いくつとっても基本的に値段は変わらないのだが、4週間にわたって毎日授業があるので、事実上2コマとるだけでも普段と同等以上の授業数を受けることになるため、実際はめちゃくちゃきついのだと思うけど。

目先のことではなく将来のことばかり考えてしまうのは、やっぱり現実逃避なんだろうな。そろそろペーパーの作成作業に戻るとするか…。はぁぁ…。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。秋からミシガンで学ぶshoheiと申します。いつも拝見させていただいております。

    私も来年の夏にICPSRのセミナーを受講しようかと思っておりまして、授業の様子を紹介していただけたらとても助かります。

    今後ともよろしくお願いします。

    返信削除
  2. >shoheiさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。

    まだまだ計量経済学を学び始めたばかりなので、そんなに難しいコースは履修しない予定ですが、何らかの形ではこのブログでは取り上げていくと思いますので、適宜御参考いただければと思います。

    こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

    返信削除