ミシガン大学公共政策大学院留学記: 体も鍛える

2010年5月16日日曜日

体も鍛える

 

夏休みに入ったので、少しは体も鍛えることに。日本に戻ると忙しいことを理由に運動はしないし、ストレスで過食気味なので、こういった機会に体を絞っておかねば。

ということで、5月に入ってから、天気の良い日は2~3時間程度のウォーキングと、野菜中心の食生活というダイエット生活を始めている。そのおかげもあってか、既に2週間目にして体重が4キロ減少。普段どんな不摂生な生活をしていたんだという声が聞こえてきそう。まあ、社会人生活で身につけてしまった余分な脂肪分をこの調子で落としていきたいところ。急に運動強度を上げて怪我をするのは嫌なので、しばらくはウォーキングだけかなという感じだが、来月からセミナーに参加したりで時間がなくなるから、ジョギングに切り替える時期もそろそろ考えないとな。

今日もお天気が良かったので、近くにあるGallup Parkをお散歩。近くとはいっても徒歩で1時間弱かかるんだけどね。アメリカ人は(太っているくせに)ワークアウトが大好きなので、今日もたくさんの人がウォーキングに限らず、ジョギングからサイクリングと各々好きな方法で頑張っておられました。一部の鍛えられている人を除いて、運動が足りないというよりも、どう考えても食生活に問題があるからその体型なのではないかという人がたくさんいるのがアメリカらしい。

さて、ぶらぶらと公園を歩いていると、不思議な石碑を発見。特に今まで気にとめていなかったけど、日本の地名らしきものが刻み込まれていて、どうやら公園の中に架けられている橋の一つがAnn Arborと彦根市が姉妹都市25周年になったのを記念したものとの由。そういえば、ミシガン湖と琵琶湖つながりでそんな関係があったことを思い出す。そういえば、ミシガン湖は湖というよりも海という感じだが、琵琶湖はどう見ても湖だよな。関西人のくせにテレビ映像でしか見たことないけど。

この街はどこを歩いていてもほんとに自然がきれいで、こう気持ちのよい天気が続くとなかなか勉強する気が起きないのが、最近の悩みどころです…。

0 件のコメント:

コメントを投稿