ミシガン大学公共政策大学院留学記: 大自然に圧倒される(西海岸旅行2日目)

2010年6月8日火曜日

大自然に圧倒される(西海岸旅行2日目)





いまいち二日酔いも抜けないまま、早朝からヨセミテ国立公園へ。

正直な話、あまり大自然に興味があるわけでもなく、国立公園にはあまり関心があるわけではないので、せっかくだからついでにという軽い気持ちで行ったのだが…感動してしまった。こんな綺麗なところがまだ地球上に残っているんだなというのが率直な感想。

雪解け水の川もあり、川底がきれいに透き通って見える。少しまだ冷たかったので泳ぐことはできなかったが、川辺でおっさん二人が、年甲斐もなく水遊びをしてしまうほどの楽しさ。季節的にもちょうどいい季節で、滝などもしっかり見ることができた。動物も気をつけて見ればちょこちょこいて、運よく鹿に出くわした。何も考えずに訪れたわりには、大自然を満喫。ヨセミテ観光を中心に1年の予定を立てる自然好きの人もいるぐらいとガイドさんが言っていたが、実際に行ってみればそういう人もいるだろうと納得できるほどの魅力あり。

アメリカではたくさん観光客が来て自然が壊されるのを嫌うためか、ヨセミテ国立公園は国内的にはほとんど宣伝していないらしい。だから、どちらかというと海外からの観光客ばかり。それでも、公園内のホテルの予約は一年先くらいまで埋まっているというのだから、何とも凄いの一言に尽きる。

ヨセミテから戻った後は、ダウンタウンにあるTian Singという中華料理屋に。カニ、ロブスター、アワビなど大人げなく高級食材を使った料理を大量に注文。美味しいのは美味しいのだが、少し味付けは気に入らず。ただ、北京ダックはバンズで包むスタイルだったのだが、これがものすごく美味しい。北京ダックは正直あまり好きではないのだけど、これならもう一度この店に来て食べるに値する。

翌日はワイナリー巡りということもあり、お酒は控えつつ、明日に備える。

つづく。

2 件のコメント:

  1. もし機会があれば、帰国までにYellowstoneにもぜひ。僕の場合、Yosemiteには冬に行った(=一部は閉園されてる)ので、単純に比べるのはfairじゃないんですが、scaleのデカさから言うと断然Yellowstoneに軍配。僕も、背負ってる肩書きの割には、あんまり「大自然」系に興味ない方なんですが(こらこら)、Yellowstoneの雄大さには感動しまくりで、奥さん(←この人は本気で自然好き)放ったらかしてバイソンの撮影に興じておりました。

    とはいえ、Yosemiteも素晴らしい。僕の中での印象は、上高地2.0って感じです。(意味わからん喩でスイマセン。)

    返信削除
  2. >bayaさん
    やっぱりYellowstoneはアメリカの国立公園の中で一番有名ですしね。特に間欠泉は一度見てみたいなとは思うものの、近くに一緒に観光できそうなところがないのが、いまいち食指が動かない理由です。でも大自然派ではない(笑)bayaさんがお勧めとあらば、一度立ち寄ってみてもよいかなと。

    やっぱり行くのなら夏ですよね。時間がうまく合えば、行ってみたいところです。

    返信削除