ミシガン大学公共政策大学院留学記: トラブルつづき

2010年6月29日火曜日

トラブルつづき

いろいろとトラブルに巻き込まれている間に、相当ブログの更新が滞ってしまった。せっかくアメリカで夏休みなのに、セミナーのせいでW杯もじっくり見れていないのも、ある種のトラブルなんだけど…。本当に今日は残念だった。それはともかく、最近の備忘録。

○歯が痛む
西海岸旅行から戻ってきてICPSRのセミナーが始まるまでの、ひとときの自由な時間を楽しんでいたら、急に歯茎が腫れ上がり、しばらく放置してみたものの、まったくよくなる気配もないので、仕方なく歯医者へ。こっちの歯医者って料金が高い上に、現在加入している大学の保険の対象外なので、大きな出費。現在、腫れはおさまったものの、引き続き治療中。全部で1,500ドルは固そう。うちの大学だと、年間25ドル前後で15%〜50%程度の割引を受けられるオプション・プランがあるらしいのだが、そんなの知らないって…。

○ICPSRの事務方がいい加減
先方から指定された日に登録のためにわざわざ出向いたにもかかわらず、先方のミスでIDカードの発行を忘れられる。急遽問い合わせしたら、「この部屋に来い」と指示があったので行ってみると、もぬけの殻。再度苦情を言ったら、「ごめん。来週の月曜以降に来て」と日程を後から指定される始末。ほんと仕事がなってない、こいつら。

○ベイズ統計が難しすぎる
数学が高度すぎるというのも原因の一つであることは否めないが、講師のプレゼン資料はわかりづらいし、不完全。授業もわかりやすくない。事前に読んだ、とても親切とは言えない教科書の方がはるかにわかりやすい授業って一体…。これのせいで、毎日時間が大量に消費されていく日々を過ごしている最中。

○モデム兼ルーターが壊れる
先月あたりからご機嫌の悪かったモデム兼ルーターが故障。2〜3日に1回はリブートしないと接続できない状態だったので、そもそも調子が悪かったのだが、最近アナーバーでよく落ちる雷に備えて電源プラグを一時的に引っこ抜いた後、電源を入れようとしたら電源ランプすらつかず。まじでありえん。家でネットができなかったら、宿題を含め何もできないじゃないか…。仕方なくプロバイダーに電話するが、「技術者が日程調整の上、再度お電話します」と言われたっきり、当然のように放置されているので、そろそろ苦情の電話をかけるかと思っているところ。

ああ、マジでついていない。というわけで、愚痴を言いたいあまりに、セミナーの合間に図書館から久しぶりに更新してみました。とりあえずネットが復旧するまで、不定期更新の予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿