ミシガン大学公共政策大学院留学記: 平穏は訪れるか

2010年9月21日火曜日

平穏は訪れるか

去年も一回くらい同じことがあったけど、お湯が出ないので、お風呂に入れない…。シャワーを浴び始めると、いつもならすぐお湯が出てくるのに、ずっと水のまま。一体、何の修行だってんだ(怒)

そういえば、スケジュールが厳しい、厳しいと言っているが、「履修科目が少ないくせに何言っているんだ、お前」という感じなんだけど、実のところ、今学期は授業の枠外で、金融工学を一度勉強しておきたかったのと、国際金融に関する著書・論文を読み込んで、簡単ながら論文を書きたいと思っていたので、授業の予習・復習に加えて、これらの作業もこなしており、スケジュールがきつかったのだ。このままでは慢性疲労状態で死にかねないので、履修取消しの期限も近づいてきたこともあり、すっぱりPUBPOL715の履修を取り消し。ただ、この分野は一度勉強しておきたいので、授業には出ないが、授業と同じペースで教科書を読みこんで、勉強していこうと。これで、毎週の授業の時間と課題に費やす時間が浮くので、それを課外活動に差し向けるという感じですな。

先週金曜日に友達が新しいKindleを自慢していたのを見て、思った以上に使い勝手がよさそうだったので、早速昨晩Amazonでポチってしまった。まあ日本に帰国してからも、英字新聞が安価に購読できるので、いい買い物かなと。教科書は引き続き紙媒体を買おうと思うが、国際金融の書籍は帰国時の持ち帰りのことも考えて、すべてKindleに移してしまおうかなと。

結局、授業を切っても、なかなか平穏な日々はまだまだ訪れそうにないなあ…。

0 件のコメント:

コメントを投稿