ミシガン大学公共政策大学院留学記: 無気力からの復帰

2010年9月28日火曜日

無気力からの復帰

気温がぐっと下がってきたせいか、なかなかベッドから起きあがれないし、やる気もいまいち出ない。この週末はほとんど惰眠をむさぼっただけだし。ということで、現在、なぜか課題に追われているという自業自得の状態に。ていうか今週水曜日期限の課題が4つもあることも、不運なのだが。

唯一この週末にしたのは、日曜日の夜に、国際金融のグループワークのメンバーと初顔合わせしたことぐらいか。とりあえず宿題を一緒に解こうという趣旨だったが、ほとんど解答が一致しないので、相も変わらず出来の悪い英語で説明していたんだけど、国際金融(とそれの背景知識としての経済学・統計学)に比較優位があるおかげで、みんなは我慢して話をよく聞いてくれたかな。いや、英語ももっとうまくならなきゃいけないけど、やっぱり中身があれば話は聞いてもらえるよなと。

肝心のグルーブワークのテーマも、我が侭を通して(?)、ドル円の為替レポートにしたので、当面は日本経済の状況などをメンバーにインプットしつつ、議論をリードできればなと。留学してから、ネイティヴ相手に議論をリードする立場に立つという機会はなかったので、せっかくだから少し頑張ってみますか。

0 件のコメント:

コメントを投稿