ミシガン大学公共政策大学院留学記: 試験が終わり

2010年10月20日水曜日

試験が終わり

今日はFall Study Break明けで、ミクロ経済の中間試験と国際金融の期末試験が同じ日にあるという最悪の日。

ミクロ経済は、過去問の数字がおかしくて解答が成立しないので、試験準備にうんうん唸っていたが、本番でもやってくれるなあ、この先生。過去問よりも数段小難しくしてくれて、しかもマーク式だからという理由なのか問題数が多くて、時間が全然足りない。20問強しかないのに、4問も解答できてないよ…。マーク式でも計算が複雑だから、全然楽じゃないし、途中経過で部分点が全くつかないから、結果が余計に怖いのだけど。周りも撃沈していたみたいなので、相対評価としてはまあ大丈夫だろうけど、こりゃ場合によっては平均点を割ってしまったかもしれんな…。

国際金融は半期ごとにコースが分かれているので、今日は前半の期末試験。事前のサンプルや、わりかし難しかった宿題と比較しても相当難しい問題だったし、授業では説明していない前提知識にあたるファイナンス理論の問題が出たりするなど少しイレギュラーなこともあったけど、チートシートを1枚持ち込めるので、なんとか時間内に満足いく解答ができたかと。途中退席している奴が結構目立ったけど、あんなに早く終わるのはおかしい気がするけどな…。一応僕も時間を20分くらい余らせたけど、僕って相当答案を書くのが早い部類に入るはずなのになあ。最後まで残っていた組は、さっぱりよくわからんみたいな空気だったから、試験結果は両極端に分かれるのかな〜。後半のコースは、国際金融市場での投資戦略がメインテーマに変わるから、真面目にファイナンス理論も復習しないといけないな。

明日から平常営業に戻りたいのだけど、国際金融のグループワークが日曜日提出期限なので、明日はひたすら為替レートの統計分析などに励んで、レポート全体の叩き台をなんとか書き上げよう。

2 件のコメント:

  1. 試験おつかれさまでした。途中退席するアメリカ人多いですよねえ。とはいえ、コーネルの学部生向けマクロ経済学の試験ではかなりの数が退席してきっと奴らは諦めたに違いないと思っていたら平均点が高くて驚きました。

    返信削除
  2. >shoheiさん
    ありがとうございます。今日たまたま同じ授業を取っているけど、面識のなかった台湾人と話をしたのですが、今回はどうやら結構諦めて帰った人が多かったようです(笑)難しすぎるテストも問題ですが、一般的に言えばアメリカのテストは平均点が高すぎるので、個人的にはもう少し程良くばらつきが出るようなテストだと本当に助かるのですが。

    返信削除