ミシガン大学公共政策大学院留学記: 新年

2011年1月3日月曜日

新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

去年は秋学期以降、学事日程が厳しかったこともあり、更新頻度が著しく落ちているけど(特に昨月は1回もアップしていない…)、留学期間もあと半年なので、最後までできる限り記録を残していければなと。ただ、今学期の前半は授業を6つ履修する予定なので、2月いっぱいまでは引き続き低調なままの可能性が高いけど。

先学期はすべての学事日程終了後、シカゴに留学している同期とラスベガスへと向かい、その後ロス・サンフランシスコと回り、最後はハワイに。ハワイではアメリカ人と結婚した姉と久々に再会し、あと半年で3歳になる甥っ子を見てきた。いやあ、なかなかかわいいもんですな。そのまま、ハワイで新年を迎え、極寒のアナーバーに戻ってきたのだけど、出発前の最高気温がマイナス10度以下というおかしな状態から、最低気温でマイナス5度程度の常識的な範疇の気候に戻っていたので、そこまで体は不適応状態には至っていない。水曜日から早速授業が始まるけど(ビジネススクールはありがたいことに来週から!!)、最初の週はどうせ教授を含めローキーなので、徐々に休みボケを解消したいところ。

留学もあっと言う間にあと半年になって、早く日本の土を踏みたい(正しくは、毎日美味しい日本のご飯を食べたい)という気持ちが強まりつつあるが、人生で自由に勉強できる時間はこれが最後だから、歯を食いしばって頑張りたいですね。すぐに仕事に役立つ知識・スキルではなくても、これが今後しばらくのキャリアの土台となっていくので。でも、さすがに授業6つはやりすぎたか…(汗)

2 件のコメント:

  1. 明けましておめでとうございます。

    STATの科目はハードそうですね。学期最後まで攻めの姿勢を維持出来るのは羨ましいです。頑張ってください。

    返信削除
  2. >匿名さん
    ありがとうございます。

    統計学部の授業は、計量経済に直接関係のないこともやったりするけど、それが逆に刺激的だし、視野も広げてくれるので、いいんじゃないかと思って、履修しています。

    最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。

    返信削除