ミシガン大学公共政策大学院留学記: 荒れる天候

2011年1月28日金曜日

荒れる天候

なんかアメリカは歴史的な大雪に見舞われているみたいで、寒いけどあまり雪の降る印象のないアナーバーもよく雪がちらついてる。まあ、ずっと降り続くことは少ないので、すぐ除雪されて、雪が積もっている感じはほとんどしないけど。ただ、東海岸当たりはすごいことになっているみたいだ。

☆  ☆  ☆

そういえば、JGBの格付けがまたもや引き下げられたとのニュースを見て、ため息が。財政危機で苦しんでいるClub Med countriesと違って、日本国債は90%以上が国内保有なので、すぐに財政危機ということにはならないけど、財政不均衡が中長期的に改善しないと判断された結果だろう。

社会保障の切り下げ、消費税の増税、ないしその両方に取り組まなければいけないというのはほぼ総論では合意できているのに、各論になると議論が進まない。ニュースを見ている限り、消費税に対する嫌悪感は根強いみたいだし。無駄な歳出削減が先だという議論はもっともだし、無駄削減には不断の努力が必要だけど、数字の桁がまったく違う話なので、消費税増税を避けることは、所詮、後世代に負担を先送りして、今の世代が身の丈に合わない贅沢しているに過ぎないんだよなあ。当然、人口減少が問題の背景にあるわけで(「失われた20年」と言われるけど、実は日本の労働人口当たりGDP成長率は結構高かったりする)、中長期的に少子高齢化問題に対処するのは当然必要だけど、ここまで国債残高が積み上がっている以上、短期的にも受益と負担をバランスさせるかに取り組まざるを得ないだろう。

実際に何か現実的な危機が起きないと改革できないというのが、日本が昔から抱えている悪い癖だとは思うのだけど、なんとかならないもんだろうか。

☆  ☆  ☆

火曜日にオバマ大統領の一般教書演説があったので、まあアメリカに留学している身として当然見ていたのだけど、率直の感想としては、ぎりぎり合格点というところか。外交の話は専門ではないので省くことにして、アメリカ経済が将来を勝ち取るためにというキャッチフレーズで、競争力の強化を促すインフラ投資、教育改革などの民主党の従来からの政策をフレーミングする一方、共和党との柔軟な交渉・親ビジネスといったイメージを植え付けようとしていて、それが奏功しているように見えた。共和党支持者の受けは悪いだろうけど、中間層の取り込みにはよかっただろう。しかし、政策の具体的な数字がほとんど提示されなかったし、成長のための投資と財政再建と相反する課題を取り上げていて、いかにそれを昇華して解決するのかが見えないという点で、実質的な中身としてはほとんど落第点といったところ。

中国や韓国が演説の中に取り上げられているのに、日本が取り上げられていないなんてニュースが取り上げていたけど、日本はそんなことを気にする前に自分の宿題をしっかりやれってことだと思うけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿