ミシガン大学公共政策大学院留学記: 踏ん張りどころ

2011年2月13日日曜日

踏ん張りどころ

数日前は氷点下25度とかありえない気温だったのに、急に暖かくなって氷点下の世界を脱すると、パーカーにアウターを羽織るというそんな厚着でもない格好をしても、結構暑いなあ。気温の急激な変化に少しついていけていない…。

今学期前半戦が終了に近づいてきているので、テスト勉強にも着手せざるを得ず、忙しい毎日を送っている。そうは言いつつ、週末は元々チケットを購入していたRafal Blechaczのコンサートに加えて、急にカナダに行くことになった友達からブルースとジャズのチケットをもらったので、3夜連続でコンサートに出かけるなど文化的な生活は営めているのだけど、その分睡眠時間が削られていてちょっとつらい…。いや、でも3夜連続コンサートは本当に演奏内容としても、気分転換としてもよかったんだけどね。

マクロ経済のテスト勉強に着手したのだけど、宿題の問題は解けるけど、試験でどんな問題が出るか全く予想がつかないので、どのぐらいまでやり込むべきかで相当悩みそう。ほとんどの結果の導出過程を体に染み込むまでやるとなると、今週は平日でも時間を見つけてやらなきゃいけないし。

そんな忙しい感じなのだが、時系列分析の宿題がもはや授業でカバーしたレベルを遥かに超えていて、たかだか宿題なのに丸一日とか時間がつぶれるのは本当にやめてほしいなあ。今週も宿題が出たら、テスト勉強の時間が削られるんじゃないかと、今から少し心配になってきた…。

まあ、前半戦が終了すれば、スタディブレイクでニューヨークとニューオリンズに旅行に行くので、ここは踏ん張りどころですな。

☆  ☆  ☆

先週は、庄野潤三「プールサイド小景・静物」を読了。芥川賞をとった作品を収録する短編集で、平凡な家庭の中の情景を、危機であったり、日常であったりを描いている。あんまり明るい調子ではないし、気分が滅入っている時に読むものではないかな。物語として語られておらず終わり方が宙ぶらりんな感じのが多く、個人的にはあんまり好きになれなかった。今週は上記のとおり忙しくなるので、読書習慣強化目標はお休み予定。

0 件のコメント:

コメントを投稿