ミシガン大学公共政策大学院留学記: 灰色の水曜日

2011年3月9日水曜日

灰色の水曜日

今日から大学に戻って、あと1か月半ばかりの学生生活に復帰。春休みはニューヨークで観劇に、美食に走った上に、春休みを少しばかり超過して、昨日までニューオリンズでMardi Grasを堪能。そんなわけで、今日は色んな意味で灰色の水曜日という感じ。

今学期は前半の負担が重かった分、後半は履修登録制限の関係で、余裕が出るのがわかっていたのだが、今日まだ履修を決めていない授業に出たところ、ともに講義上手ではなさそうな上に、ウェイティングリストでも相当後ろにいるので、思い切って落とすことに。というわけで、通期のマクロ経済、時系列分析の他は、債券投資の授業だけという何とも余裕のある時間割になった。余裕ができる分、今までの積読状態の本の棚卸しと約2か月後に迫った社会復帰にむけてリハビリを本格化させようと思案中。

ただ、急に余裕ができたせいか、遊び疲れたせいか、やや放心状態で気合いが入らない。早く通常営業に戻りたいところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿