ミシガン大学公共政策大学院留学記: 冬学期授業評価(後半分)

2011年4月30日土曜日

冬学期授業評価(後半分)

ちょっと駆け足気味だけど、一応メモ。

■ECON502 Applied Macroeconomics Theory (John Laitner) 評価:★★★★☆
成長論について、古典的なソローモデルに始まり、ライフサイクルモデルの組込み、公的資本や人的資本の組込み等を扱う。ケインズ経済学は基礎からマンデル=フレミングモデルまで。DPは扱わないが、動学的均衡を意識した説明。おじいちゃん先生であるためか、高校時代を彷彿とさせる板書で授業が進むため、若干スピード感にかける授業であるが、説明のわかりやすさ・丁寧さは随一。ただ、カバーする範囲が狭かったのがマイナスポイント。

■ECON677/STATS531 Time Series Analysis (Shyamala Nagaraj) 評価:★☆☆☆☆
時系列解析について、ARIMAモデルに始まり、周期性のモデル化、VAR、GARCHなどを扱う。ただ、実際はVARとGARCHについては、最後の授業2回で、駆け足で説明する始末。中盤以降、直観的な説明もない上、数学的な説明もいい加減なレベル。学生が質問しても的を射た回答をしないし、学生があきれ返って押し黙っている感じ。ミシガン大学で受けた授業の中で、ワースト・オブ・ワーストの授業。

■FIN609 Fixed Income Securities (Steve Slezak) 評価:★★★☆☆
債券市場の取引実態や数字の読み方など常識的なところから始まり、債券取引に関する基礎的な概念の説明をした後、派生金融商品の価格決定理論などを学ぶ。如何にも標準的授業だが、パワポや例題がわかりづらいなど、前半に受けたリスクマネジメントの授業と同じく、やはりそこまで講義上手ではないのが問題か。悪くもないけど良くもないの典型。

成績は、マクロ経済がA、時系列分析・債券投資がA+で終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿